有機JAS認証とは

有機JAS認証とは、有機農産物等の表示の適正化を図るため、1999年にJAS法が改正され、有機農産物の検査認証制度が導入された、消費者に安全安心をお届けするための厳しい制度です。

有機食品のJAS規格(化学的に合成された肥料、農薬を原則として使用しない農産物やそれらを原料として加工された農産加工食品であること)に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。

厳密に言えば、農林水産省によって認定された証となる「有機JASマーク」のついていないものは、有機農産物と表示することはできません。つまり、有機JASマークのついている商品は、有機農産物であることが認証されていることになります。

ただ、マークをつければよいというものでなく、登録機関による厳しい監査を受け、有機JASの規格・条件を満たしているという手続きを経て、有機JAS認証米として販売することが許されているのです。

有機農産物とは

薬を使わずに、自然の力を最大限に利用した農業である有機農業によって生産された農産物を「有機農産物(オーガニック農産物)」といいます。「有機農業」は、土のもつ生産力や自然循環機能を維持活用した栽培方法であり、環境に配慮した農業といえます。

有機農産物とは

化学的に合成された肥料及び農薬を避けることを基本として、播種または植付け前2年以上(多年性作物にあっては、最初の収穫前3年前)の間、堆肥等による土作りを行った圃場において生産された農産物。さらに上空からの農薬散布等の区別をするため、範囲も決まっていて自分の畑が有機農業でもすぐ隣の畑が農薬散布などをしていれば有機農産物の認定が承認されません。

▲ページトップ